レボトミンの睡眠作用

レボトミンの効果と副作用とは?

レボトミンは、主にドーパミンと呼ばれる脳内の伝達物質の受容体を遮断する効果があります。妄想がある人や、見えないはずものもが見えてしまう人、聞こえないはずものもが聞こえてしまう人に効果のある薬です。不安感がある人や、緊張感がある人の精神状態を緩和する作用もあります。うつの症状、躁病、統合失調症などの治療に使われています。

 

また、レボトミン 副作用として、手の震えや、体のこわばり、口の渇きや、便秘、尿がでにく症状や、目のかすみ、立ちくらみ、動悸が起きることがあります。長期の服用は、高齢者や女性の人には注意が必要です。手足が勝手に動いてしまう症状や、口の周りが異常な運動をしたり、舌の震えが続く症状が出てくることもあります。この症状が続いた場合には、治りにくいジスキネジアやジストニアを引き起こす可能性があると聞いています。意思に気がハッキリしないことや、もうろうとしたり、きをうしなうようなことや、目の異常運動、重い不整脈、血豆や青あざなどの症状が出た場合は重篤な副作用の初期症状であると言われています。


FX人気

認知療法.com