うつ病と認知療法

うつ病の原因について

最近では、厳しい経済状況も影響してか過度のストレスを感じていらっしゃる方が多いと思います。人間関係・仕事の過度のストレスからホルモンのバランスが壊れてしまって、うつ病になる方が増えて来ています。また、加齢によるホルモンの減少が原因となっている事も、あります。このように一言で「うつ病」と言っても、原因は多岐にわたっています。

 

うつ病になる比率を男性と女性を比べた場合、女性の方が閉経から女性ホルモンの分泌が減少し始め、バランスを崩しだし更年期に入ります。この更年期の初期に、うつ病を発症する方が多くみられます。

 

うつ病の症状について

うつ病の主な症状をあげますと、睡眠障害・倦怠感・食欲低下・便秘・頭痛・肩こり・不安感・意欲が無くなる・集中できない等々たくさんの症状があげられます。このようなうつ病の症状が続いたり、複数のうつ病の症状が重なって進むと、自殺に繋がってしまいます。

 

最近では、偏頭痛で病院へ行ったらうつ病と診断された・よくお腹をこわすので診察に行ったらうつ病だと言われた等と言う報告もあります。なんでもない症状だからと放っておくのではなく、このような症状が長く続くのなら一度心療内科などの診察を受けた方が良いかもしれません。


FX人気

認知療法.com