睡眠障害の原因

セロトニンの役割は?

脳内物質の中で、とりわけ睡眠に大きな影響を与えているホルモンにはセロトニンとメラトニンの2つが代表的です。その中でもセロトニンは不安やイライラといった精神的に不安定な状態を正常に戻し、リラックスへと導いてくれる役割があります。そして、睡眠へといざなってくれるメラトニンと呼ばれる脳内物質の分泌を促進するよう働きかけてくれるのも、セロトニンの役割なのです。

 

精神安定の作用があるセロトニンは、トリプトファンという成分から生成されます。このトリプトファンは必須アミノ酸の一種なのですが、その特徴が示すように、体内では生成されず、食べ物から摂取しなければなりません。トリプトファンは牛乳や大豆などたんぱく質を含む食材に豊富に含まれています。

 

セロトニンの分泌を活性化するためには、その材料となるトリプトファンを含む食材を日常生活の食事の中で取り入れることが大切であり、そのことがメラトニンの分泌にも寄与し、良質な睡眠を作り出してくれるのです。


FX人気

認知療法.com