認知行動療法の効果とやり方

「認知療法.com」について

認知療法

当サイト「認知療法.com」では、認知療法について解説しています。認知療法は、うつ病やパニック障害などの治療に効果があります。抗うつ薬などを使わずに精神疾患を克服することができるので、いま注目されている治療法なのです。

 

自分でできる認知療法はコチラ 認知療法 プチ認知療法


認知療法とは?

認知療法は専門のカウンセリングの後に医師やカウンセラーの下で行われています。
この認知療法は主にうつ病の治療方法として知られています。

 

認知療法の具体的なやり方としては、患者の思考と感情を紙に書き出して客観的に眺めることをします。こうして客観的に眺めることによって、自分の認知の歪みや思い込みの激しさを理解し、修正していくことができ、結果的にうつ病の症状の改善につながるとされています。また、自分の考えを放出ことで患者のストレスを解放する効果もあるとのことです。

 

自分の考えをわざわざ紙に書き出さなくても、医師やカウンセラーとの会話によって認知療法を進めることもあるようです。しかし、私たちが考える以上に自分の考えを書き出すという行為は治療上有効であり、認知療法としては主に書き出す作業が取り入れられています。

 

最近では、この認知療法の効果はうつ病だけにとどまらず、パニック障害、その他の精神疾患にも効果を認める例が出てきており現在では広く治療に取り入れられています。

デパケン錠の効果は?

てんかんを患っている人に処方される薬としてデパケンは有名です。また、デパケン錠はてんかんの発作を抑えるだけでは無く、躁鬱病の方の躁状態を軽減させるような働きもありますし、偏頭痛の予防や改善に用いられるケースもあると言われています。てんかんに効果的な薬の中では特に有名で、神経の伝達物質を増やし、てんかんの発作が起きないようにしてくれます。また、子供の発作にも使用される事があり、その際にはシロップを服用したりする事があります。しかし、デパケンを服用していて、てんかんの発作が出なくなったからと言って、自分の判断だけで勝手に服用を中止する事はやめてください。デパケンは突然中止してしまう事によってとても重大なてんかんの発作が出てしまうケースがあると言われています。

エビリファイの効能は?

エビリファイは非常に沢山の服用量にわかれているお薬となっています。エビリファイが持っている効果は気持ちが穏やかになり、落ち着かせてくれるようなものになっているので、精神的に不安定な方に処方される薬となります。脳の情報伝達を行っている神経が興奮している状態だと、どんなに落ち着きたいと思っていても落ち着くのは難しいのですが、エビリファイを服用する事により、こうした症状の緩和に繋がっていきます。エビリファイは主に統合失調症や躁鬱病の症状緩和に役立ってくれると言われています。主に陰性症状に対しての効果が非常に強く、統合失調症やうつ状態の意欲の低下、無感情の状態を改善してくれるお薬となります。また、反対に興奮状態が続いてしまっている場合などにも、エビリファイを服用する事で精神的な落ち着きを取り戻す事が可能です。

イジメが原因で鬱病になる

こちらでは、イジメや不登校がテーマになります。テレビを見ていると、イジメや不登校が問題として取り上げられたり、特集番組を目にする機会があるかと思います。最近では、部活や体育会の顧問やコーチによる体罰も問題になっています。思いのほか問題が深刻化しているのが現状ではないでしょうか。いまでは、インターネットやスマホがあるので、そうしたツールやソーシャルメディアを利用したイジメもあるようです。学校掲示板などは特に悪質なようです。現在では、昔のヤンキーや不良にあたる存在がいないのも特徴です。一見、優等生がイジメっ子であることも多いようで、弱い者がいじめられるという相場は昔から同じようです。各自治体にはイジメや不登校などの相談窓口もあります。電話や面談によるのが一般的なようです。イジメや不登校は、うつ病との関連もあります。

 

伊藤幸弘 いじめ 不登校


FX人気